車に乗っている場合

自分も車を運転している時に相手がぶつかってきたと言う時はどうしたらいいでしょうか。車と車の場合、どちらも走行中に事故を起こした場合は、車同士の物損事故となります。自分が歩行者で相手が車という場合は、人身事故となります。

まず相手が車、自分も車を運転している時に事故を起こした場合、何処を走っていたかによっても変わってきます。信号機がある交差点で起きた事故の場合は、信号がキーポイントになります。青信号で走行している車と、赤信号を無視した車の場合は問答無用で、信号無視をした車が100%悪くなります。青信号以外の黄色でも、赤に変わる前なら相手の信号は赤ですから、相手が100%悪くなります。信号に関しては赤信号での走行や、信号無視は誰でも悪い事とわかるのでそれほど苦労しません。

ただし自分が被害者でも、相手の車が高級車であった場合は少し事情が変わってきます。相手が高級車でも、100%相手に過失があれば被害者は損害賠償を請求される事はありあせん。しかし被害者側にも責任があって、それが20%から30%になる場合は、被害者が加害者の高級車の修理代や損害賠償を請求される事があります。車と車の事故の場合はどちらかが、直線、右折、左折なのかによっても過失の割合が変わっています。