歩行者の場合

自分が歩行者で事故に巻き込まれた場合の対処法を紹介します。まず相手が車、こちらが徒歩という場合は、だいたいが車が悪くなりますが、歩行者に過失がある場合は100%車が悪いとされない事もあります。

車と歩行者の事故の場合は、優者危険負担の原則があるため、車の方が負担を大きくする事になっています。ただし予測できないような状態、例えば夜中に酔ったまま道路で寝ていたなどは被害者の過失が100%とされたケースもあります。これ以外の場合は被害者に過失があっても、車の方が過失は大きくなります。

歩行者は青信号で横断歩道を歩いていた時、信号無視をした車が突っ込んできたという場合は、100%車の過失です。車は青信号で走行していた時、歩行者が赤信号で急に横断歩道を渡ろうとした場合、歩行者の過失は100%ではなく70%で、車は30%となります。これは優者危険負担の原則があるからです。

これは横断歩道がある道路の場合ですが、横断歩道無しの道路や、横断歩道はあっても信号の有無によって、これも過失は変わってきます。横断歩道がある道路では、車は一時停止する事になっていますが、そうしない車もいますし、信号だけに頼らず、周囲をよく見る事は歩行者にも、車を運転する人にも大切な事です。