交通事故に巻き込まれた

交通事故の被害者になるといってもそのシチュエーションはいろいろあります。こちらはまったく過失がなく、相手が100%悪いとしても、言い逃れをする人はいますし、自分が悪いと分かっていてもそれを認めようとしない人もいます。

イメージとしては被害者だから、自分は何もせず相手(加害者)が全てやってくれると思いがちですが、全ての加害者が誠意ある対応をするとは限らないので、やっておくべき事は覚えておきましょう。

まずは交通事故に遭ったら、警察に電話をします。この時加害者も一緒に現場に残っている事が大切ですが、残っていたとしても人身事故ではない限り、警察は双方から話を聞きますので、自分に非がない時はそれを主張しておきます。中には加害者が100%悪いのに、被害者のせいにする人もいます。これについては目撃者や、ドライブレコーダーがあればすぐに真実はわかりますので、ウソをつかなければ大丈夫です。

こちらが車に乗っているか、歩行者または自転車に乗っていたかによっては、物損事故か人身事故かが変わってきます。こちらは被害者であり、怪我もしているのに、加害者が物損事故にしようと主張してきても、怪我をしていれば人身事故になるので、ここは強く主張しましょう。また、交通事故の被害は弁護士へ相談することで慰謝料を増額できる場合があります。早めに相談しておくといいでしょう。

こういう時警察を呼ばず、示談にしようと持ちかけてくる人もいます。しかし任意保険を使う場合は、警察を呼び現場検証を行わないと保険屋は動いてくれません。必ず警察を呼び現場検証をしてもらいます。